外反母趾|幼児期の子供たちがかかる外反母趾の悲しい現実と恐怖

幼児期では、初潮を迎える前の十歳くらいまでの子供が対象です。
このように小さな子供が外反母趾になることは非常に珍しいケースですが、あります。
幼児期の子供たちには、靴が起因である外反母趾はまずならないと考えられます。
ハイヒールを毎日履くような幼児がいないからです。
ですので、幼児期の外反母趾は別の病気のせいでなったものと考えられます。
一番多いもので、先天性の奇形です。
次に多いのが、垂直距骨と言う晴天正の疾患で、この病気は偏平足を伴い親指の変形である外反母趾も持ち合わせているものです。
そして幼児期の外反母趾で他に考えられる原因は、二分脊椎や脳性小児麻痺など筋肉の麻痺や萎縮を起こす病気で、そのせいで外反母趾になる場合です。
このように、幼児期の外反母趾は他の病気が考えられるので、治療も外反母趾そのものの方法ではなくなります。