外反母趾|外反母趾は放っておくとこんなに大変!早期治療が何より大切

これまでお話してきましたように、外反母趾とは悪化すると歩けなくなるほどの状態にまでなり、また万病のもとでもあります。
しかし、一般的に外反母趾は思い病のイメージなどありません。
なので、予防や治療もおろそかになってしまいがちです。
外反母趾の自覚があっても、初期のうちは我慢したり放っておく人がかなり多くいます。
そして突然の激痛に見舞われ、病院へ駆け込まなければならなくなるのです。
外反母趾は知らず知らずの内に、じわじわと進行していきます。
日々、歩かない人なんていませんよね。
生活をしていくうえで、人間にとって歩行とは欠かせない行動の一つです。
外反母趾とはその歩行により、悪化してしまう病気です。
まだ我慢できるから大丈夫、と外反母趾を放っておくと日々の悪化を促進していることになるのです。